消費者金融の総量規制とは?ポイントを解説

gahag-0101048159

この世の中で生きていく上でお金というものはものすごく重要な物ですが、時としてこのお金が足りなくなってしまうことがあります。これはもういろんなシーンで起こり得ることですよね。

たとえば、若い方ならマイカーを購入するために自動車ローンを組むとか、結婚して所帯を持って念願のマイホームを購入するために住宅ローンを組むとか、またお子さんの教育のために教育ローンを組む場合もあります。

特に生涯の中で一番高額だと言えるマイホーム購入には、どうしてもこのようなローンというものが必要になります。そのために銀行では様々なローンが用意されているのですね。でも、それほどの高額なお金ではなくて、ほんのわずかなお金がどうしても不足するという事態もあります。

いきなりの出張や接待、飲み会や旅行、それに毎月の生活費など、普通に毎日を送っているだけでもそういうことはあるもので、ついてないことに、そういう場合に限って給料日前だったりするわけです。

こういうピンチの際に頭に思い浮かぶものは人からお金を借りるというものですね。わずかな額だからそれも可能なのでしょう。でも、ここで問題になってくるのが、いったい誰に借りればいいのか、ということではないでしょうか。

単純にお金を借りるといっても、お金は大切な物です。たった1万円にしても、これを稼ぐためにはかなりの労働力が必要になりますよね。汗水たらして働いて稼いだお金なのですから、簡単に貸してくれとは言えないはずです。

第一、親しい友人や同僚から借りるのは気が引けてしまいますよね。こうした借金が二人の仲をズタズタに引き裂いてしまうということは実際にそこら中で起きていることなのですから。

しかし、お金の入用時はけっして待ってはくれません。さあ、困りました。

銀行と消費者金融の借り入れの違いとは

qa

こうしたいきなりの入用時には、最近ではキャッシングなどの方法が注目されていますよね。これは銀行や消費者金融などが提供している小口の融資です。

前述した住宅ローンなどの目的ローンとは違い、比較的少額の借り入れを行うもので、その使い道も限定されていません

ですからいわゆるフリーローンと言われる種類に入りますね。借りたお金で買い物したり、旅行へ出かけたり、また飲みに行ったりすることもできます。この融資を賢く使えば、ピンチの状況からも充分に脱出することができますから、毎日はもっと楽しいものになりますよね。

しかし、これはあくまでも借金であることを忘れてはいけません。まあ、借金と言っても、昔よく耳にしたような高利貸しや悪徳金融業者とはぜんぜん違うものですから、利用法さえ間違えなければ安心して借り入れが行えます。

キャッシングのサービスは銀行でも消費者金融でもできますが、その内容は両者ではかなり異なるのが特徴ですね。まず、このような借入には当然のことですが審査がありますよね。この審査なのですが、銀行ではかなり厳しいものになりますね。

安全安心を重視する銀行ですからこれは仕方ありません。しかし、逆に消費者金融ではこの審査が比較的に甘いとも言われています。

これは個人の信用を重視するものですから、基本的には申し込みの際に担保も保証人も必要ありません。

それではいったい銀行と消費者金融のどちらがいいのかというと、これは借り入れを行う人の状況にもよるのですね。

たとえば銀行は審査が厳しいかわりに金利というものが低い傾向にあり、反対に消費者金融は便利でスピーディーな融資が可能である分、金利が比較的に高く設定されている場合があります。

どちらを選ぶにしても融資を受ける側の判断に委ねられます。

簡単融資は自分の財布とは違うものという認識を

このような便利な融資は、今、本当に多くの方が利用していています。中にはあまりにも便利過ぎてついつい借り過ぎてしまうという困った方もいるようですが、基本的には計画的に借り入れを行えば昔のような借金地獄に陥ることはまずありません。

現代では法的にもかなり厳しくなっていますから、昔みたいな悲惨な状況に陥る人も少なくなりました。ただ、やっぱり心配になるのが借り過ぎてしまうことですよね。

簡単に借り入れができてしまうから、それをあたかも自分の財布のように勘違いしてしまう人もいるかもしれません。

この借り過ぎを未然に防ぐものが総量規制という法律です。総量規制は融資を受ける人の収入の3分の1を超える新たな借り入れができないという法律になります。

単純に考えても収入の3分の1を超えるような借金は返済することは難しいですよね。

そこにはあたりまえですが金利というものの存在もあるわけですから。このような総量規制は消費者金融からの借り入れに対応しています。銀行では適応されないのですね。これをメリットとするか、あるいはデメリットととらえるかは、借りる側の考え方一つになります。

でも、借金で一番失敗してしまうのが、この借り過ぎですよね。確かに急な入用の際にほんのわずかな時間で現金が用立てられるのですから便利です。この便利さが時として大きな失敗に変わることもまた事実です。先でも触れましたが、キャッシングは自分の財布とは違います。

ここのところを充分に理解することが、借り入れを行う最低条件になるのではないでしょうか。

年収の3分の1までが借り入れ限度額になります

以前は借り入れ金額に特に規制はありませんでしたが、現在は総量規制のルールにより年収の3分の1以上の借り入れは原則できなくなりました。

銀行系カードローンなどでは一部総量規制対象外になっているケースもありますが、消費者金融は対象になっていますので、手続きを行う際には限度額を超えないように注意してください。

もちろん借り過ぎすると返済も大変になるので、必要な金額を事前にチェックした上で利用することが多重債務を避けるポイントになります。

グレーゾーン金利が廃止され返済の負担は大幅に減っている状況ですが、まだまだ借り過ぎで返済に困っている方たちは多い状況です。無計画に消費者金融のサービスを利用するのではなく、充実した生活を送るために上手く活用することを考えてください。

各消費者金融では借り入れ時の金利はもちろん、サービス内容にも色々と特徴があるので、自分に合う条件で利用できる所を選んで借り入れの手続きを行うのがベストになります。

一つずつ特徴を比較するのは大変ですが、現在はインターネット上に比較サイトも登場していますので、短時間で知りたい情報を簡単に調べることが可能になりました。

適当に選ぶとサービスが自分に合っていないなどのトラブルが発生するケースもありますので、多少時間がかかっても納得できるまでじっくり検討することをオススメします。

長く利用することで限度額の引き上げも期待できます

初めて消費者金融を利用する場合はお互いに信頼関係が築けていないため、借り入れ可能な金額が低めに設定されているケースも多いですが、しっかり返済期日を守って長く利用することで限度額を引き上げてくれる場合もあります

年収の3分の1以上になることはありませんが、良好な関係を築くことで色々メリットもありますので、しっかりルールを守って借り入れすることを心がけてください。またサービス自体も年々向上しており、以前よりも利用しやすい環境が整っている傾向にあります。

借り入れ時の金利が低くなっているのはもちろん、即日融資や一定期間無利息など利用者がお得に感じるサービスもどんどん増えていますので、上手く活用して充実した生活を送るために役立ててください。

未だに消費者金融に対して悪いイメージを持つ方もいらっしゃいますが、しっかりルールを守って利用していれば生活に困るような心配もありません。

もちろん借金はしない方が良いですが、社会人として働くようになると急な出費でお財布がピンチになることも多くなりますので、万が一の際に助けてくれる存在として最低限の情報だけでも頭に入れておくと安心です。

また1枚カードを作っておくといざという時にすぐに借り入れの手続きができますので、それぞれの消費者金融の特徴を比較した上で自分に合った所を選んでカードの発行だけでもしておくことをオススメします。

金利の引き下げのために借り換えも検討しましょう

money_kinri_heru

最近増えているおまとめローンなどの借り換えですが、複数の消費者金融から借り入れを行っている場合、一つにまとめた方が金利が低くなる可能性が高くなります。

実際にどれくらいお得になるのかインターネット上でも計算できるようになっていますので、負担が今よりも少なくなる場合には積極的に借り換えの手続きを行うことをオススメします。

借り換え時も簡単な審査がありますが、定期的な収入があれば学生でも主婦の方でも問題無く利用できます。返済などに関しては普通の借り入れの時と全く変わりませんが、まとめることで返済が1回で済むメリットがあります。

複数社から借り入れを行うと返済したかどうかわからなくなるなどデメリットも多く、その結果無駄な利息を支払うことになる場合も少なくありません。手続きも短時間で終了しますし、何より負担が軽減されるのは大きなメリットになりますので、積極的に借り換えを活用して返済を楽にすることを検討してください。

今後も新しいサービスがどんどん登場し、お金に困っている社会人の方たちの助けになってくれることは間違いありません。使い方を間違えると生活を圧迫するケースもありますが、事前にしっかり計画を立てて利用する方にとっては非常に便利で有難いサービスです。

目的型のローンなどと違い使い道も自由なので、生活費の補填はもちろん、趣味の旅行などまとまったお金が必要な時にも積極的に借り入れを利用して、楽しい生活を送ってください。

何かわからない事があれば直接連絡してスタッフに問い合わせることもできますし、インターネットにアクセスすれば参考になる口コミ情報も多数掲載されています。

上手くサービスを活用するためには最低限の情報収集は必要になりますので、定期的にインターネットで最新情報をチェックして、今よりもお得になるサービスを見つけたら、積極的に行動を起こすことも忘れないでください。